ヒューマンファクターとは

ヒューマンファクター(英:human factor(s))とは、人間や組織・機械・設備等で構成されるシステムが、安全かつ経済的に動作・運用できるために考慮しなければならない人間側の要因(人的要因)を指す。機械・設備等や職場環境などについて人間本位で考える学問・研究分野という意味もある。

古来、もともと安全は自己責任で確保するというのが安全衛生上の基本であった。しかし、人間はエラーをする生き物であるがために、20世紀後半以降に機械・設備を改良して安全性を補う考え方が普及していった。それでも安全性を補うには、限界があるため、安全性を補うとともに、人間自身が安全を意識し、安全を確保するための技量を身につけることが探求され、現在に至る。

航空宇宙産業、装置・設備産業、運輸産業、製造業、医療といった危険と隣り合わせの業界では、積極的にヒューマンエラーの問題に対する取り組みを行い、対策を積み重ねていったが、結局は「人間の問題」が最後までついてまわった。ヒューマンエラーが事故に直結しないようにするため、人間の特性を分析して人間を中心にしたシステムを考えて構築することが研究のテーマとされている。

main

TOPへ戻る